日焼け対策関連記事一覧

日焼け止めクリームに表示されている効果を得るためには、こまめに塗り直しすることが必要不可欠です。では、どれくらいの頻度で塗り直すのが望ましいのかと言うと、これはだいたい2〜4時間おきに塗り直すのが望ましいとされています。ところで日焼け止めクリームと時間の関係で言うと、SPF値を思い浮かべる人もいるかもしれません。SPFの後には数字が表記されているため、これが日焼け止めの効果の持続時間なのではと思う...

まず、日焼け止めクリームの塗り方ですが、顔に塗る場合には、少量を手の平に出してしっかりと伸ばしてから、肌に均一になるように少しずつ塗っていきます。ここで注意するべきなのは、少しずつ塗っていくという事です。どこの部分に日焼け止めクリームを塗ったのかきちんと確認をしながら塗り進めていくことで、塗り忘れを防ぐためです。日焼け止めクリームにも様々な種類がありますが、腕や脚などの広範囲に塗り広げる場合にはジ...

紫外線は肌に深刻なダメージを与えます。それが引き金となってたるみやシワ、シミなどが発生することも多いので、年間を通して日焼け止めクリームを使用して、紫外線対策を行うことが必要です。日焼け止めクリームは、昔に比べると使用感はずいぶんと向上しており、また肌への負担と言う点においても改善されています。しかし、やはりある程度の負担はかかってしまいますし、こまめに塗り直すことが必要であるため、小さなそれが積...

外出する際には、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりなど日焼けをしないように紫外線対策を行っていたしても、外と違って家の中ではあまり気にすることなくいつのまにか無防備になってしまうことがあります。外では天気がとても良くて日差しが強かったとしても、家の中であれば窓ガラスなどがあることによって中にまで紫外線が入ってくることはないだろうと考えてしまいがちです。しかし、紫外線の中には窓ガラスを通り抜けて家の...

強い日差しなどを顔や体に浴び続けてしまうと、日差しを浴びたところが赤くなったり黒くなったりなどお肌へのダメージを受けてしまうことがありますが、顔や体と同じように目から紫外線が入ることによっても様々なダメージを受けてしまうことがあります。日差しを浴びることによって紫外線が入ってしまうとドライアイになったり赤く充血したり作業などをしていると疲れやすくなってしまうことがありますし、短時間など少しであれば...

シミの大敵といえば紫外線です。日焼けをすると肌が紫外線による刺激を受けてメラノサイトからメラニンが生成されます。そのメラニンが色素沈着を起こすことで肌にシミとなってあらわれてしまいます。ですので、日焼けをした日の夜はきちんとしたケアをしてメラニンの色素沈着を抑制し、シミができにくい肌環境に整えておくことが大切です。紫外線は真夏だけ降り注ぐものではありません。3月頃から徐々に増え始め、5〜8月頃にピ...

紫外線が強くなってくる季節、私たちは普段外出するとき日焼け止めクリームを塗って日焼けを防止します。大人の肌に比べて赤ちゃんの肌は薄さが2分の1くらいしかなく、紫外線の影響を受けやすいので将来シミやシワになるリスクが増えるだけでなく、皮膚ガンや眼の病気である白内障になる可能性まで上がってしまいます。子どもにはいつから日焼け止めクリームが使えるのでしょう?新生児の場合、肌がとても敏感なので生後2ヶ月ま...

日焼け対策と言うと、日差しが強い夏場にだけ行っていれば良いと思っている人も多いかもしれません。しかしこの考えは間違っており、それは紫外線は、季節により多少の差こそあれ、年間を通じて降り注いでいるためです。つまり日差しが強い夏場でも、太陽が出ていないことも多い冬場でも紫外線は降り注いでいると言うことですから、日焼け対策は年間を通じて行う必要があります。中でも気をつけたいのが冬場のレジャーであるスキー...

若いから、あるいは年齢を重ねているからという言葉は、日焼けの前では通用しません。勿論、日に焼けにくい体質の人はいますが、老若男女問わず、紫外線に必要時間以上、当たり続けてしまうと日に焼けるのが基本です。ですからたとえば海水浴に行く場合には、老若男女問わず対策をとることが必要不可欠です。特に子どもは、肌が成長段階にあり、大人に比べるとその状態は未完成です。そのため無防備に日に焼けすぎてしまうと、その...