飲む日焼け止めサプリを飲んでスキーを楽しもう!

飲む日焼け止めサプリ

 

日焼け対策と言うと、日差しが強い夏場にだけ行っていれば良いと思っている人も多いかもしれません。しかしこの考えは間違っており、それは紫外線は、季節により多少の差こそあれ、年間を通じて降り注いでいるためです。つまり日差しが強い夏場でも、太陽が出ていないことも多い冬場でも紫外線は降り注いでいると言うことですから、日焼け対策は年間を通じて行う必要があります。

 

中でも気をつけたいのが冬場のレジャーであるスキーなどを楽しむ際です。

 

これは単純に、冬場でも紫外線が降り注いでいるためと言う理由もあるのですが、それ以外にももっと大きな理由があります。

 

それが、雪原に紫外線が反射すると言う理由です。

 

日傘を選ぶ際に、日傘の内側が白色をした物は避けるべきと言う話を聞いた人は多いかと思われます。

 

これは、白色は紫外線を反射しやすい色であるためです。よって一面が雪の白で覆われているスキー場は、紫外線を大いに反射している場でもあると言うことができます。

 

ですからこれに限らず、雪原、人工雪原でのレジャーを楽しむ際にも、日焼け対策は絶対に行う必要があります。

 

では、どれくらいの強さの日焼け止めを選ぶのが望ましいのかと言うと、これはSPF値は30以上、PA値は3+以上のものが望ましいとされています。SPF30であれば、しっかりと使い方を守れば10時間は日焼け開始時刻を遅らせることができます。そして肌の奥深くにまでダメージを与える紫外線A波に対する防御力も、PA値のプラスが3つ以上あれば、まず安心できるレベルだと言われています。

 

どれだけ長く楽しむとしても、10時間以上、スキーを行うと言うのは考えにくいですから、それだけのものであればじゅうぶんに日焼け対策になると考えることができます。

 

勿論、SPF値、PA値、共にこれ以上の数値のものを選択しても問題はありません。

 

ただ、冬場はただでさえ肌が乾燥しやすく、肌のバリア機能も低下しやすくなる季節です。日焼け止めは、その数値が高くなるほど肌への負担も大きくなりやすくなるので、そうしたものを使用すると肌荒れが起きてしまったりする可能性もあります。

 

そこでおすすめアイテムが飲む日焼け止めサプリです。

 

日焼け止めを飲むってどういうこと!?と驚きになられた方もいらっしゃるかもしれません。

 

こちらで日焼け止めサプリについて詳しく説明しています。

関連ページ

日焼け止めクリームは何時間おきに塗り直すのが好ましい?
日焼け止めクリームの塗り直しの頻度としては、だいたい2〜4時間おきに塗り直すのが良いとされています。ですがこれは、その時の状況に応じて判断するのが望ましいです。
日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
肌への負担が少ない日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームは日焼けを防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が心配です。よってそれが少ないものを選ぶことが必要で、たとえば紫外線吸収剤を使用していないものなとが挙げられます。
窓ガラス越しでも日焼けする
紫外線の中には窓ガラスを通り抜けてしまう種類の紫外線があります。そのため、窓ガラス越しに日差しを浴びていると家の中でも紫外線の影響を受けて日焼けしまうことがあります。
日焼けは目からする?
目から紫外線が入ってしまうと、日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったとしても、日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。
日焼けした日の夜のスペシャルケア
日焼けは肌のシミの大敵となります。紫外線が刺激となりメラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうので、その日の夜はきちんとケアをしてシミを予防することが大切です。
日焼け止めクリームは何歳から塗る?
子どもに塗る日焼け止めクリームは、生後2ヶ月までは極力使わず、生後3ヶ月以上になると20分以上の長時間の外出の際には使うようにします。肌への負担の少ないものを選びましょう。
子どもを海水浴に連れて行ってあげたいけど焼けたくない
日焼けは老若男女問わず起こるものです。ただ子どもは、肌が弱いことも多いため、特にそのダメージが大きくなりやすくなります。ですから海水浴に連れて行く際には、対策が必要です。