日焼けした日のスペシャルケアでメラニン色素の沈着を防ぎましょう

飲む日焼け止めサプリ

シミの大敵といえば紫外線です。

 

日焼けをすると肌が紫外線による刺激を受けてメラノサイトからメラニンが生成されます。そのメラニンが色素沈着を起こすことで肌にシミとなってあらわれてしまいます。ですので、日焼けをした日の夜はきちんとしたケアをしてメラニンの色素沈着を抑制し、シミができにくい肌環境に整えておくことが大切です。

 

紫外線は真夏だけ降り注ぐものではありません。

 

3月頃から徐々に増え始め、5〜8月頃にピークを迎えます。10月頃までは紫外線が強いので油断せずにしっかりと対策に努める必要があります。

 

日焼け止めや日傘や帽子などでしっかりと紫外線対策を行って日焼けから肌を徹底的に守ることがシミ予防のためには必要不可欠なことですが、それでも日焼けをしてしまうことがあります。そんな日の夜はいつも以上にスキンケアを入念に行ってシミ予防をしましょう。

 

具体的な方法について

飲む日焼け止めサプリ

まずは肌を落ち着かせることが大切ですので収れん化粧水を使用してほてった肌を鎮静させましょう。収れん化粧水は、冷蔵庫で冷やして使用するとひんやりとして気持ちが良いのでおすすめです。収れん化粧水をコットンに含ませてパックをするような感覚で肌になじませましょう。

 

そして、保湿を徹底することも重要なポイントとなります。保湿を徹底して肌のうるおいが増すと、角質のバリア機能がアップしてターンオーバーが促進されます。そのことにより肌細胞の再生スピードが速くなるので色素沈着を防いでシミができにくい肌環境に導くことができます。保湿効果が高い化粧水を肌にたっぷりとチャージしましょう。

 

角質の奥の方までうるおいを行き渡らせるためにシートマスクを使用したりハンドプレスで丁寧に二度づけしたりして保湿力を高めることが大切です。美容液をプラスしたりパックをしたりしてスペシャルケアをするのもおすすめです。仕上げは油分を含む乳液やクリームでしっかりと蓋をしましょう。

 

体の中からのケアとして、抗酸化作用があるビタミンCを積極的に摂取するのも効果的です。抗酸化作用によりメラニンの色素沈着を抑制することができるからです。また、日焼けしてからケアをするのはもちろん大切なのですが、「日焼けしない」を徹底するために飲む日焼け止めサプリを飲み体の中から紫外線を防御することをおすすめします。

関連ページ

日焼け止めクリームは何時間おきに塗り直すのが好ましい?
日焼け止めクリームの塗り直しの頻度としては、だいたい2〜4時間おきに塗り直すのが良いとされています。ですがこれは、その時の状況に応じて判断するのが望ましいです。
日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
肌への負担が少ない日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームは日焼けを防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が心配です。よってそれが少ないものを選ぶことが必要で、たとえば紫外線吸収剤を使用していないものなとが挙げられます。
窓ガラス越しでも日焼けする
紫外線の中には窓ガラスを通り抜けてしまう種類の紫外線があります。そのため、窓ガラス越しに日差しを浴びていると家の中でも紫外線の影響を受けて日焼けしまうことがあります。
日焼けは目からする?
目から紫外線が入ってしまうと、日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったとしても、日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。
日焼け止めクリームは何歳から塗る?
子どもに塗る日焼け止めクリームは、生後2ヶ月までは極力使わず、生後3ヶ月以上になると20分以上の長時間の外出の際には使うようにします。肌への負担の少ないものを選びましょう。
スキーをするなら必ず日焼け対策しましょう!反射で焼ける!
スキーは冬場のレジャーです。よって日焼け対策はしなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。冬場でも紫外線は降り注いでおり、また雪で反射して焼けることもあります。
子どもを海水浴に連れて行ってあげたいけど焼けたくない
日焼けは老若男女問わず起こるものです。ただ子どもは、肌が弱いことも多いため、特にそのダメージが大きくなりやすくなります。ですから海水浴に連れて行く際には、対策が必要です。