子どもとともに飲む日焼け止めサプリを飲んで海に行こう

飲む日焼け止めサプリメント

若いから、あるいは年齢を重ねているからという言葉は、日焼けの前では通用しません。

 

勿論、日に焼けにくい体質の人はいますが、老若男女問わず、紫外線に必要時間以上、当たり続けてしまうと日に焼けるのが基本です。ですからたとえば海水浴に行く場合には、老若男女問わず対策をとることが必要不可欠です。

 

特に子どもは、肌が成長段階にあり、大人に比べるとその状態は未完成です。そのため無防備に日に焼けすぎてしまうと、そのダメージが大きくなってしまったり、後々になってそばかすやしみ、乾燥などの肌トラブルにつながることも考えられます。夏休みなどは、子どもと一緒に海水浴に行くと言う機会も多いかと思われますが、日焼けのダメージを残さないためにも、その際にはしっかりと対策をとるようにして下さい。

 

子どもの日焼け対策も、大人のそれと同様、日焼け止めを利用するのが基本です。

 

日焼け止めの選び方

まずは紫外線吸収剤よりは紫外線攪乱剤が使用されているものを選ぶのが望ましいです。

 

紫外線吸収剤

肌への密着度や汗や水に対する強さはあるのですが、紫外線を吸収すると言う特性上、肌に負担がかかりやすいのが難点です。

紫外線攪乱剤

防御力や水分への耐性では劣るのですが、肌表面で紫外線を跳ね返すため肌への負担は軽減されます。ですから子どもが使用する場合は、紫外線吸収剤不使用の、紫外線攪乱剤が使用されたものを選ぶのが望ましいです。

 

それからノンケミカル、防腐剤や人工香料、人工着色料、アルコールや石油系界面活性剤などが配合されていないものを選ぶのもポイントです。

 

次に日焼け止めの数値、SPF値とPA値に関してです。これは状況にもよりますが、日差しが強い夏場に長時間、海にいると言う場合は、やはり高めの数値であった方が安心です。ですがこれらの数値が高いと、やはり肌への負担が懸念されます。また海で泳いだ場合、あるいは暑くて汗をかいた場合には落ちてしまうため、こまめに塗り直すことが求められます。そう考えると、最初から数値が高いものに頼るよりは、ある程度の数値のものをこまめに塗り直す方が良いです。SPF値は30前後、PA値は+が2〜3つあるものを選べば、基本的な対策としてはじゅうぶんです。そして帰宅した後には、しっかりと日焼け止めを落とすことも、子どもの肌を守るためには大切なことです。

 

今、注目されている飲む日焼け止めサプリであれば、クリームのように日焼け止めを落とす必要もなく、ムラなく体全体を紫外線からブロックすることができるのでおすすめです。

関連ページ

日焼け止めクリームは何時間おきに塗り直すのが好ましい?
日焼け止めクリームの塗り直しの頻度としては、だいたい2〜4時間おきに塗り直すのが良いとされています。ですがこれは、その時の状況に応じて判断するのが望ましいです。
日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
肌への負担が少ない日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームは日焼けを防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が心配です。よってそれが少ないものを選ぶことが必要で、たとえば紫外線吸収剤を使用していないものなとが挙げられます。
窓ガラス越しでも日焼けする
紫外線の中には窓ガラスを通り抜けてしまう種類の紫外線があります。そのため、窓ガラス越しに日差しを浴びていると家の中でも紫外線の影響を受けて日焼けしまうことがあります。
日焼けは目からする?
目から紫外線が入ってしまうと、日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったとしても、日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。
日焼けした日の夜のスペシャルケア
日焼けは肌のシミの大敵となります。紫外線が刺激となりメラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうので、その日の夜はきちんとケアをしてシミを予防することが大切です。
日焼け止めクリームは何歳から塗る?
子どもに塗る日焼け止めクリームは、生後2ヶ月までは極力使わず、生後3ヶ月以上になると20分以上の長時間の外出の際には使うようにします。肌への負担の少ないものを選びましょう。
スキーをするなら必ず日焼け対策しましょう!反射で焼ける!
スキーは冬場のレジャーです。よって日焼け対策はしなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。冬場でも紫外線は降り注いでおり、また雪で反射して焼けることもあります。