目から紫外線を吸収することで脳から指令が出てしまう

飲む日焼け止めサプリ

強い日差しなどを顔や体に浴び続けてしまうと、日差しを浴びたところが赤くなったり黒くなったりなどお肌へのダメージを受けてしまうことがありますが、顔や体と同じように目から紫外線が入ることによっても様々なダメージを受けてしまうことがあります。

 

日差しを浴びることによって紫外線が入ってしまうとドライアイになったり赤く充血したり作業などをしていると疲れやすくなってしまうことがありますし、短時間など少しであれば大きなダメージを受けることはあまりありませんが、強い日差しなどを浴び続けているとダメージがどんどん大きくなって炎症などを引き起こしてしまうこともあります。

 

そして、顔や体と同じように紫外線が入ることによって目自体が日焼けして黒くなったりすることはありませんが、脳がダメージを受けたとして認識してしまうとお肌などを守るための指令を出してしまいます。

 

ダメージを受けたとして脳からお肌などを守るための指令が出てしまうと、強い日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったり、外出などをする前に化粧下地や日焼け止めのクリームを塗ったりなどの対策をしていたとしても、顔や体に日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。

 

顔や体には紫外線によって日焼けをしないように化粧下地や日焼け止めのクリームなどを直接塗るなどの対策を行うことができますが、目には直接クリームなどを塗ることはできません。

 

そのため、顔や体には外出などをする前にしっかりとした対策を行っていたとしても、顔や体以外の場所は何も対策をすることなくそのままにしてしまいがちです。

 

しかし、日焼けしないようにするためには外出などをする前に顔や体に化粧下地やクリームを塗ったりなどの対策をすることで安心してしまうのではなく、顔や体以外の場所にも対策を行う必要があります。

 

そして、ダメージを受けないようにするためには傘をさしたり帽子をかぶるなどしてできる限り日差しを浴びないようにする必要がありますし、ダメージをどんどん大きくしないようにするためには、顔や体と同じように普段からできる限り紫外線が入らないように気を付けることも必要です。

 

飲む日焼け止めなら体の内側から紫外線をブロックすることが可能です。

関連ページ

日焼け止めクリームは何時間おきに塗り直すのが好ましい?
日焼け止めクリームの塗り直しの頻度としては、だいたい2〜4時間おきに塗り直すのが良いとされています。ですがこれは、その時の状況に応じて判断するのが望ましいです。
日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
肌への負担が少ない日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームは日焼けを防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が心配です。よってそれが少ないものを選ぶことが必要で、たとえば紫外線吸収剤を使用していないものなとが挙げられます。
窓ガラス越しでも日焼けする
紫外線の中には窓ガラスを通り抜けてしまう種類の紫外線があります。そのため、窓ガラス越しに日差しを浴びていると家の中でも紫外線の影響を受けて日焼けしまうことがあります。
日焼けした日の夜のスペシャルケア
日焼けは肌のシミの大敵となります。紫外線が刺激となりメラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうので、その日の夜はきちんとケアをしてシミを予防することが大切です。
日焼け止めクリームは何歳から塗る?
子どもに塗る日焼け止めクリームは、生後2ヶ月までは極力使わず、生後3ヶ月以上になると20分以上の長時間の外出の際には使うようにします。肌への負担の少ないものを選びましょう。
スキーをするなら必ず日焼け対策しましょう!反射で焼ける!
スキーは冬場のレジャーです。よって日焼け対策はしなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。冬場でも紫外線は降り注いでおり、また雪で反射して焼けることもあります。
子どもを海水浴に連れて行ってあげたいけど焼けたくない
日焼けは老若男女問わず起こるものです。ただ子どもは、肌が弱いことも多いため、特にそのダメージが大きくなりやすくなります。ですから海水浴に連れて行く際には、対策が必要です。