日焼け止めクリームは2〜4時間で塗り直しが理想的

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームに表示されている効果を得るためには、こまめに塗り直しすることが必要不可欠です。

 

では、どれくらいの頻度で塗り直すのが望ましいのかと言うと、これはだいたい2〜4時間おきに塗り直すのが望ましいとされています。

 

ところで日焼け止めクリームと時間の関係で言うと、SPF値を思い浮かべる人もいるかもしれません。

 

SPFの後には数字が表記されているため、これが日焼け止めの効果の持続時間なのではと思う人もいるかもしれませんが、それは誤りです。

 

SPF値は、何も対策をとらなかった際に日焼けが始まる時間、個人差はありますがだいたい20分と言う時間を、どれくらいにまで延ばすことができるかと言うことを示しています。

 

ですからたとえばSPF30と記載されていた場合には、30分の効力があると言うのではなく、20分で始まる日焼けを30倍の時間にまで延ばすことができると言うことを示しています。

 

よってこの表記の日焼け止めクリームを正しく塗り、また適切な頻度で塗り直しした場合には、20分×30倍で600分、つまり日焼け開始時間を10時間、遅らせることができると言うことです。

 

こまめに塗り直すことが望ましい日焼け止めクリームですが、その塗り直しに関しては状況を優先させることも必要です。

 

たとえば夏場の日差しが強い時に、炎天下でスポーツをする、あるいは水泳をすると言う場合は、汗や水で日焼け止めクリームが流れ落ちてしまっている可能性が高く考えられます。

 

加えて紫外線が強く降り注いでいることも多いので、この場合は2時間よりも早めに塗り直した方が良いことも多いです。

 

あるいは塗ってから1時間程度しか時間は経過していないけれど、仕事で外回りをすることになったとか、長時間、野外で活動する予定ができてしまったと言う場合には、改めてそのタイミングで塗り直すのも望ましいです。

 

逆に4時間以上経過しているけれど、もう外出する予定もない、加えて天気も悪く、日光もそれほど強くないと言う場合には、塗り直さなくても特に問題はないと考えられます。

 

最近の日焼け止めクリームは肌にやさしいものも多いですが、それでもこまめに塗り直すことによる肌への負担が心配と言う人も多いかもしれません。

 

そのような場合は、パウダータイプのものなどを上手に活用すると良いです。

関連ページ

日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
肌への負担が少ない日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームは日焼けを防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が心配です。よってそれが少ないものを選ぶことが必要で、たとえば紫外線吸収剤を使用していないものなとが挙げられます。
窓ガラス越しでも日焼けする
紫外線の中には窓ガラスを通り抜けてしまう種類の紫外線があります。そのため、窓ガラス越しに日差しを浴びていると家の中でも紫外線の影響を受けて日焼けしまうことがあります。
日焼けは目からする?
目から紫外線が入ってしまうと、日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったとしても、日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。
日焼けした日の夜のスペシャルケア
日焼けは肌のシミの大敵となります。紫外線が刺激となりメラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうので、その日の夜はきちんとケアをしてシミを予防することが大切です。
日焼け止めクリームは何歳から塗る?
子どもに塗る日焼け止めクリームは、生後2ヶ月までは極力使わず、生後3ヶ月以上になると20分以上の長時間の外出の際には使うようにします。肌への負担の少ないものを選びましょう。
スキーをするなら必ず日焼け対策しましょう!反射で焼ける!
スキーは冬場のレジャーです。よって日焼け対策はしなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。冬場でも紫外線は降り注いでおり、また雪で反射して焼けることもあります。
子どもを海水浴に連れて行ってあげたいけど焼けたくない
日焼けは老若男女問わず起こるものです。ただ子どもは、肌が弱いことも多いため、特にそのダメージが大きくなりやすくなります。ですから海水浴に連れて行く際には、対策が必要です。