日焼け止めクリームは年齢に応じたものを選び使うこと

紫外線が強くなってくる季節、私たちは普段外出するとき日焼け止めクリームを塗って日焼けを防止します。

 

大人の肌に比べて赤ちゃんの肌は薄さが2分の1くらいしかなく、紫外線の影響を受けやすいので将来シミやシワになるリスクが増えるだけでなく、皮膚ガンや眼の病気である白内障になる可能性まで上がってしまいます。

 

子どもにはいつから日焼け止めクリームが使えるのでしょう?

飲む日焼け止めサプリメント
新生児の場合、肌がとても敏感なので生後2ヶ月までは極力20分以上の外出は避け、日焼け止めクリームも塗らないようにしましょう。外に出るときは帽子や日傘などで直接肌に紫外線が当たらないように気をつけましょう。

 

しかし、長時間外出する時には日焼け止めの害よりも紫外線の外の方が大きくなってしまうため、低刺激な日焼け止めクリームを使用するようにしましょう。

 

また、赤ちゃんも生後3ヶ月以上になると外でお散歩したりする機会が増えてきます。20分以上の外出の時には日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

 

赤ちゃんに使う日焼け止めはどんなものを選べば良いのか?

飲む日焼け止めサプリメント
まず、石けんで落とせる日焼け止めを選びましょう。クレンジングでなければ落ちない物では、クレンジングで赤ちゃんの肌を傷つけてしまう可能性があります。商品のパッケージを確認して落としやすいものを選びましょう。

 

また、日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

 

紫外線吸収剤の方が効果が強いですが、SPFが高く肌トラブルを起こす可能性が高くなってしまいます。赤ちゃんの肌には負担となることが多いので、紫外線散乱剤の日焼け止めを選びましょう。

 

紫外線散乱剤には酸化亜鉛や酸化チタンが含まれています。成分を確認して購入しましょう。また、成分を確認する際にできるだけ肌の負担を減らすように、合成界面活性剤や防腐剤、香料など余計な成分が含まれていないものを選びましょう。

 

また、実際に塗ってあげる時にはよく伸ばして塗ること、長時間の外出ではこまめに塗り直すことも重要です。そして、帰宅してからはすぐにお風呂などで日焼け止めを洗い流してあげましょう。

 

今はやりの飲む日焼け止めサプリメントであれば洗い流す必要もない、ムラにならないというメリットがありますが、さすがに赤ちゃんに飲ませるわけにはいかないのである程度の年齢になるまでは日焼け止めクリームなどで対策するしか仕方ありません。

関連ページ

日焼け止めクリームは何時間おきに塗り直すのが好ましい?
日焼け止めクリームの塗り直しの頻度としては、だいたい2〜4時間おきに塗り直すのが良いとされています。ですがこれは、その時の状況に応じて判断するのが望ましいです。
日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
肌への負担が少ない日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームは日焼けを防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が心配です。よってそれが少ないものを選ぶことが必要で、たとえば紫外線吸収剤を使用していないものなとが挙げられます。
窓ガラス越しでも日焼けする
紫外線の中には窓ガラスを通り抜けてしまう種類の紫外線があります。そのため、窓ガラス越しに日差しを浴びていると家の中でも紫外線の影響を受けて日焼けしまうことがあります。
日焼けは目からする?
目から紫外線が入ってしまうと、日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったとしても、日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。
日焼けした日の夜のスペシャルケア
日焼けは肌のシミの大敵となります。紫外線が刺激となりメラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうので、その日の夜はきちんとケアをしてシミを予防することが大切です。
スキーをするなら必ず日焼け対策しましょう!反射で焼ける!
スキーは冬場のレジャーです。よって日焼け対策はしなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。冬場でも紫外線は降り注いでおり、また雪で反射して焼けることもあります。
子どもを海水浴に連れて行ってあげたいけど焼けたくない
日焼けは老若男女問わず起こるものです。ただ子どもは、肌が弱いことも多いため、特にそのダメージが大きくなりやすくなります。ですから海水浴に連れて行く際には、対策が必要です。