窓ガラス越しでも日焼けするから家の中でも日焼け止めクリーム塗る!?いやいや・・・

窓ガラス越しでも日焼けする

 

外出する際には、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりなど日焼けをしないように紫外線対策を行っていたしても、外と違って家の中ではあまり気にすることなくいつのまにか無防備になってしまうことがあります。

 

外では天気がとても良くて日差しが強かったとしても、家の中であれば窓ガラスなどがあることによって中にまで紫外線が入ってくることはないだろうと考えてしまいがちです。

 

しかし、紫外線の中には窓ガラスを通り抜けて家の中にまで入ってしまう種類のものがあります。

 

そのため、普段から日当たりが良い部屋で生活をしていて窓の近くで日差しを浴びながら勉強や読書などをしたり、日差しが暖かくていつのまにか寝てしまっていたりなどで長時間過ごしてしまうと、窓ガラス越しでも家の中に入ってきている紫外線の影響を受けて知らない間に日焼けしまうことがあります。

 

そして、紫外線量などには違いがありますが、紫外線は天気の良い日だけではなく曇りの日などであっても影響を受けてしまうこともあります。

 

外ではなく家の中で過ごしていて日焼けをしてしまうことがあるとしても、日当たりが良い部屋や窓の近くを少し通ったりなどするだけでは、窓ガラス越しに入ってきている紫外線の影響をすぐに受けてしまうことはあまりありません。

 

そして、普段から紫外線を気にしている人の中には外出する際ではなく、家の中でまで紫外線を気にしてしまっていると疲れてしまうこともあります。

 

そのため、家の中で窓ガラス越しに受けてしまう紫外線の影響を過剰に気にすることはありませんが、もし窓ガラス越しで知らない間に日焼けをしたくないのであれば、普段から日当たりの良い部屋で生活をしているとしても窓の近くで日差しを浴びながら長時間勉強や読書などをしないようにしたり、どうしても日当たりの良い部屋で長時間過ごすのであれば日差しを浴びてしまう窓の近くからは少し離れるようにしたりなど、家の中であってもなるべく窓ガラス越しの紫外線の影響が少なくないようにすることが有効です。

 

そして、外出をする予定がない日や家の中だけで過ごす日であっても、影響を少なくするためには無理しない範囲で対策を行っておくことも必要です。

 

窓ガラス越しでも日焼けするからと、家の中にいるのに日焼け止めクリームを塗るなんて嫌ですよね。

 

最近人気の飲む日焼け止めサプリであれば、肌に日焼け止めを塗る必要はなく、飲むだけなので気軽に日焼け対策を行うことができます。

 

関連ページ

日焼け止めクリームは何時間おきに塗り直すのが好ましい?
日焼け止めクリームの塗り直しの頻度としては、だいたい2〜4時間おきに塗り直すのが良いとされています。ですがこれは、その時の状況に応じて判断するのが望ましいです。
日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
肌への負担が少ない日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームは日焼けを防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が心配です。よってそれが少ないものを選ぶことが必要で、たとえば紫外線吸収剤を使用していないものなとが挙げられます。
日焼けは目からする?
目から紫外線が入ってしまうと、日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったとしても、日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。
日焼けした日の夜のスペシャルケア
日焼けは肌のシミの大敵となります。紫外線が刺激となりメラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうので、その日の夜はきちんとケアをしてシミを予防することが大切です。
日焼け止めクリームは何歳から塗る?
子どもに塗る日焼け止めクリームは、生後2ヶ月までは極力使わず、生後3ヶ月以上になると20分以上の長時間の外出の際には使うようにします。肌への負担の少ないものを選びましょう。
スキーをするなら必ず日焼け対策しましょう!反射で焼ける!
スキーは冬場のレジャーです。よって日焼け対策はしなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。冬場でも紫外線は降り注いでおり、また雪で反射して焼けることもあります。
子どもを海水浴に連れて行ってあげたいけど焼けたくない
日焼けは老若男女問わず起こるものです。ただ子どもは、肌が弱いことも多いため、特にそのダメージが大きくなりやすくなります。ですから海水浴に連れて行く際には、対策が必要です。