肌への負担が少ない日焼け止めクリームとは

飲む日焼け止めサプリメント

紫外線は肌に深刻なダメージを与えます。

 

それが引き金となってたるみやシワ、シミなどが発生することも多いので、年間を通して日焼け止めクリームを使用して、紫外線対策を行うことが必要です。

 

日焼け止めクリームは、昔に比べると使用感はずいぶんと向上しており、また肌への負担と言う点においても改善されています。

 

しかし、やはりある程度の負担はかかってしまいますし、こまめに塗り直すことが必要であるため、小さなそれが積み重なって大きなものになってしまうと言うことも考えられます。

 

ですから日焼け止めクリームを選ぶ際には、できるだけ負担が少ない、かかりにくいものを選ぶことが求められます。

 

では、そのためにはどのような日焼け止めクリームを選べば良いかと言うと、ひとつは紫外線吸収剤を使用していないものです。

 

日焼け止めクリームが紫外線に有効なのは、そのために成分が含まれているためですが、この成分の働きは大まかには2つに分類することができます。

 

ひとつは紫外線吸収剤で、これは文字通り、紫外線を吸収する成分です。

 

紫外線防止力が高く、また雨や水にも強いので夏場には頼りになるのですが、紫外線を吸収する分、肌に対する心配も大きくなってしまいます。

 

そこでもうひとつの成分として挙げられるのが、紫外線攪乱剤です。

 

こちらは紫外線を跳ね返すと言う作用を持っている成分です。

 

防御力、雨や水に対する強さ、更には使い心地は紫外線吸収剤に負けてしまいますが、肌に対するダメージにおいては、紫外線吸収剤よりもはるかに軽いと言う特性があります。

 

ですから、こちらが使用されているものを選択した方が肌にとっては優しいです。

 

また対紫外線成分以外にも、どのような成分が含まれているかにも着目する必要があります。

 

そうした成分に、たとえば潤いを与える成分や、化粧水や美容液などに含まれているような成分が配合されている場合には、日焼けを予防しながら同時にスキンケアを行うことが期待できます。

 

また日焼け止めクリームには、SPF値とPA値があります。この数値、+の数が多いほど、防御力が高いと言うことですが、だからと言ってやみくもにそれを使っていれば良いと言うものでもありません。

 

外出をしない日や曇りの日などには、紫外線に当たる機会も少ないわけですから、そのような際にはSPF値、PA値、共に低いものを使用すると言うのも必要なことです。

 

もう日焼け止めクリームを選ぶのも、何回も塗り直すもの煩わしい!

 

という人にお勧めなのが、「飲む日焼け止め」「日焼け止めサプリ」です。

 

自然由来の成分で体の内側から紫外線をブロックします。

 

日焼け止めクリームのようにムラにならず、全面的に紫外線をブロックしますので今とても人気をあつ集めています。

関連ページ

日焼け止めクリームは何時間おきに塗り直すのが好ましい?
日焼け止めクリームの塗り直しの頻度としては、だいたい2〜4時間おきに塗り直すのが良いとされています。ですがこれは、その時の状況に応じて判断するのが望ましいです。
日焼け止めクリームでムラ焼けしないためには
夏場になると日焼け止めクリームを使用する人が多いのですが、きちんと塗ったつもりでもムラ焼けになってしまう事もあります。 今回はそうならない為の方法を紹介していきます。
窓ガラス越しでも日焼けする
紫外線の中には窓ガラスを通り抜けてしまう種類の紫外線があります。そのため、窓ガラス越しに日差しを浴びていると家の中でも紫外線の影響を受けて日焼けしまうことがあります。
日焼けは目からする?
目から紫外線が入ってしまうと、日差しなどを顔や体に直接浴び続けていなかったとしても、日差しを浴びた時と同じように日焼けしてお肌が黒くなってしまうことがあります。
日焼けした日の夜のスペシャルケア
日焼けは肌のシミの大敵となります。紫外線が刺激となりメラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうので、その日の夜はきちんとケアをしてシミを予防することが大切です。
日焼け止めクリームは何歳から塗る?
子どもに塗る日焼け止めクリームは、生後2ヶ月までは極力使わず、生後3ヶ月以上になると20分以上の長時間の外出の際には使うようにします。肌への負担の少ないものを選びましょう。
スキーをするなら必ず日焼け対策しましょう!反射で焼ける!
スキーは冬場のレジャーです。よって日焼け対策はしなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。冬場でも紫外線は降り注いでおり、また雪で反射して焼けることもあります。
子どもを海水浴に連れて行ってあげたいけど焼けたくない
日焼けは老若男女問わず起こるものです。ただ子どもは、肌が弱いことも多いため、特にそのダメージが大きくなりやすくなります。ですから海水浴に連れて行く際には、対策が必要です。